娯楽

お正月の娯楽に行って来まーす!
Posted by osaka-sharmai * comments(2) * -

お楽しみ〜007!

DVC00175.jpg
007・・・いいねぇ〜!


【ヒラタアキヒロ・ホームページhttp://www.akihiro-hirata.jp】
★7月8日リリース!ヒラタアキヒロ、四年振り3作目のオリジナルニューアルバム『僕らは今ここにいる。』好評発売中!

◆8月18日(日)『ヒラタアキヒロ&大阪しゃーないず』神戸北野オールディーズ・ワンマンライブ!CD発売記念第2段!
start 18:30

◆9月29日(日)『ヒラタアキヒロ&大阪しゃーないず 〜studio N’s30周年記念ライブ』 枚方樟葉P×9
start 18:30

◆FMマザーシップ(88.9MHz)『歌う水道屋さん!』毎週金曜日深夜0時より、好評オンエアー中!
◆ネットラジオ『歌う水道屋さん.com』ヒラタアキヒロ・ホームページ内にて、オンデマンド放送中!

◆通信カラオケ『UGA』にて、ヒラタアキヒロ楽曲配信中!
ガンガン歌おう!
Posted by osaka-sharmai * comments(2) * -

映画『大奥』

JUGEMテーマ:映画
お付き合いで、映画『大奥』を観ました。映画館大好きなのに85%で寝てしまう私が、今回は最後まで見ることが出来ました。
というのも、この映画・・・実際の歴史に基づいて作られているモノだと思い込んで、入ったため・・・「はぁ〜?!」「何でや?!」の連続。。。

最後のテロップに、男女逆転『大奥』実行委員会の文字を発見!
なるほど、なるほど。。。ならば納得です。◎です。
映画に対する予備知識が全く無かったため、逆に楽しかったかもねっ。

柴咲コウの将軍様は『オトコマエ』でした!
Posted by osaka-sharmai * comments(8) * -

ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌

P1000322.jpg
世間は三連休の最終日。
大日イオンの映画館はチケットを買うのにも長蛇の列です。
PCで席を予約してたから、並ぶのは免れました。
便利の良い時代です。

さて、その『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』の感想です。
また、最後の最後で泣いてしまいました。
鬼太郎はもう二度と無い母の魂との再会を犠牲にしてまで、千年のもの間引き裂かれていた人間の『海人』と妖怪『濡れ女』を引き合わせた。

海人に裏切られたと勘違いした濡れ女は人間を千年のもの間、憎んでいたのだ。そのゴカイを解いたのが鬼太郎の人間に対する愛だった。。。

どう!感動するよ。
次回は『崖の上のポニョ』かな!
Posted by osaka-sharmai * comments(2) * -

少林少女は楽しそう!

200804172134000.jpg
是非見たい映画のひとつです。もうすぐ上映!痛快モノが大好きです。
カンフーや少林寺になぜかヒカレます。
Posted by osaka-sharmai * comments(0) * -

さくらん



『さくらん』DVD見ました。ベルリン国際映画際に出品されたものでありんす
監督は、蜷川実花さん。
そして主演女優は、土屋アンナさん。
そしてそして音楽は、椎名林檎さんでありんす
とても煌びやかでありんす
以前TVでメイキングやってまして・・・コレは見ないといけない・・・なんて思い、
ゲットしました。この手のブログでは、内容をあえて書くのを控えます。
(色々あるのでありんす。。。)
素晴らしい色彩がひときわ目立ちます。
とても刺激的な映画でありんした。

どうぞ一見下さい!
椎名林檎さんの音楽との競演も見物ですね。

Posted by osaka-sharmai * comments(3) * -

スパイダーマン3



先月は、体調を崩すくらいよく働きました(よく動いた)。儲かったか、儲かっていないかは別の話しです。自分にご褒美として、ずっと見たかった『スパイダーマン3』を見てきました。やっぱカッコええなぁー。少し(かげ)があって・・・。かげある男は魅力的なんだろうねー。悲しいかな僕には翳が全くと言っていいほど無いのよ。砂漠の真中のようです。
今まで翳を作ろうと努力したこともあったけど、やっぱ無理ね。
今回の『3』は男の友情がテーマだったのかね。。。キーホルダー¥1000はどうなの?
Posted by osaka-sharmai * comments(2) * -

ゲゲゲの鬼太郎



今話題の実写版『ゲゲゲの鬼太郎』を見て来ました。僕にとっては、幼少の頃のヒーローです。豊野保育園に通っている頃、水疱瘡にかかってお家で療養中、毎日毎日、この鬼太郎の絵を描いていました。
さて、見ていない方も沢山いると思うので、核心には触れませんが、実はぐっと来たシーンが終盤にありました。母親を若くして亡くしている僕にとっては人一倍、それを感じられたのではないか!
あと、もう少し・・・書きます。『ビビビのねずみ男』の軽薄さと『猫娘』の愛くるしさは必見です。
どう?興味持っていただけたでしょうか。。。
Posted by osaka-sharmai * comments(0) * -